新潟カイロプラクティック いずみだ整体院

ご予約お電話番号 025-290-7373<平日> 9:00から20:00<土日祝> 9:00から16:00 月曜定休

妊婦の方

知り合いの妊婦さんからも「赤ちゃんが出来てから、腰が痛くて動くのもつらいのよ」と話しを聴きます。

妊婦さんの腰痛の原因は?

妊婦さんの腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。ひとつは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。もうひとつは、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労が回復しにくくなったり、関節への負荷が強まることによるものです。

妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛

妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。
靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、骨盤底筋への負担が増加します。その周囲の筋肉も硬く緊張してしまい、骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、結果的に腰痛の発症や股関節痛に繋がると考えられています。
リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があります。

妊娠による姿勢変化で起こる腰痛

お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、自然と腰を反らせたような姿勢になります。すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。
このような姿勢になったとしても、腰痛にならない妊婦さんもいますが、妊娠する以前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があり要注意です。腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、下肢のしびれ、むくみなどを訴えるケースもあります。
腰痛の発症や悪化には、腰を支える筋肉の血行不良が関係します。その部分は筋肉の働きが悪くなり、腰部の筋肉疲労も回復しにくくなります。
ですから可能であれば、妊娠前から適度に体を動かし、腰を支える筋肉の血流を良くしておき、疲労をためない状態にしておくのが第一の予防法です。
また、妊娠後もできるだけ運動不足にならないように体を動かし、心もリラックスできるように心がけ、腰・背中の筋肉が緊張しにくい環境を作ることをおすすめいたします。

当院では、妊娠16週~35週(妊娠5ヵ月~9ヵ月)の安定期に入り、産婦人科医の許可を得られた方に施術をさせていただきます。
産前産後のケアを、赤ちゃんのためにもママがマタニティハッピーで過ごせるようにサポートいたします。

この症状を経験された方の声

新潟市中央区紫竹山の整体カイロ 口コミ・みなさまの声 肩こり 緊張型頭痛
お名前:高橋 さま
年 齢:30歳
性 別:女性
ご職業:公務員

★いつ頃からどのような症状でお悩みでしたか?
肩コリ、頭痛、妊娠中なのでできるだけ薬に頼りたくない

★施術を受けた後のご感想をお聞かせください。
妊娠中でも施術を受けられると友達に薦められて来ました。
横向きや仰向けなどの妊婦さんにやさしい体勢で施術してくれるのでとても安心できました。頭痛も1回でおさまり、肩が軽くなりました。自分でできるケアも教えてもらい、日頃から試してみようと思います!
こちらのカイロは緊張型頭痛によく効くそうなのでこれからもピンチの時はよろしくお願いします。

※ご本人の了承を得て、実名で掲載させていただいております。

この症状に関する声をもっと読む =>

ほかの症状もみる

気になる症状をクリックしてください

ページの先頭へ戻る